沖縄歴史を巡る旅

沖縄県と聞いて私たちがイメージするのはマリンレジャーや観光地、ゴーヤやあぐー豚といった名産品でしょう。
また沖縄旅行に行って、異国情緒を感じた事がある人も多いのではないでしょうか。
世界遺産でもある「首里城」の建築物は日本ではなく中国の建築物の特徴が垣間見る事が出来ますし、そもそも沖縄方言は年配の人が話している言葉を聞いていても全く分からずもう日本語じゃないみたいですよね。
沖縄県は日本の領土でありながら、その歴史をひも解くと沖縄独自の文化を築いてきた事が分かります。
そもそも明治時代に琉球処分される前までは琉球王国として1つの独立した国家だったのです。
海に囲まれた島とはいえ、薩摩との距離は近いので日本と全く交流がないというわけではなく、薩摩を通じて日本の影響も受けていたとはいえ、首里城の建築物からも分かるように多分に中国の影響も受けてきました、明治になり沖縄県として日本の領土になった後も、沖縄は日本とは別の歴史を刻む事になります。
そうです、太平洋戦争です。日本で唯一戦場となっただけでなく、戦争に負けアメリカ軍の占領にあいます。
その後1972年に日本に返還された後、現在に至るまでアメリカの軍事施設が多数沖縄県には存在しますから、アメリカの文化も多分に影響しています。
このような歴史の中で沖縄県は日本でありながら、中国やアメリカの文化の影響を受け、また琉球王国として独自の文化も築いてきたために、日本らしくなくなったわけです。
もちろん、沖縄県の長い歴史の中では大変な事もたくさんあったと思いますが、現在観光地として魅力的な点はいうまでもありませんよね。
小さい島であるにも関わらず沖縄県には現在9個も世界遺産があり、一見の価値がありますし、また無人島も多く存在し、近年まで未開地だったために豊かな自然が残された観光スポットもたくさんあります。
食文化も独自のルートを辿ってきたので、珍しい食材や料理が多く、そしてその温暖な気候や食べ物の影響で世界でも有数の長寿の国としても注目されています。
人柄もとても穏やかで優しく「なんくるないさ」という言葉にもひどく説得力を感じますし、マリンスポーツでアクティブにも、そしてリラックシして癒しの効果にも、どちらの目的で沖縄旅行に訪れてもあなたは満足する事が出来るでしょう。
せっかく沖縄県に来たのなら理解するために歴史を学べば、より楽しむ事が出来るでしょう。
沖縄県の歴史を学べる観光スポットもたくさんあります。遊びながら学び事も出来るなんて有意義な時間の過ごし方ですね。

新着情報

◆2014/09/24
問い合わせを新規投稿しました。
◆2014/09/22
沖縄歴史を巡る旅の情報を更新しました。
◆2014/09/22
沖縄の建築物の情報を更新しました。
◆2014/09/22
沖縄の歴史が学べるスポットの情報を更新しました。
◆2014/09/22
沖縄食の文化の情報を更新しました。